保湿ビューティー液を叩き込むようにする

30代末から成人面皰と呼ばれる白面皰ができ始めました。赤く膿を持つ思春期面皰とは違って赤みを帯びていないので遠くから見るとあまり目立たないのですが、鏡に近づいて見るとちっちゃなツブツブがたくさんできていてお肌が荒れたようになっていてフィーリングが非常に腹黒いのです。

成人面皰用のスキンケアを試しても断じて効力が無かったのですが、友人の自力が超音波洗顔ブラシの位置付けを教えてくれたのです。主人がぽっきりこういうブラシで洗顔をつづけたあたり2ヶ月ほどで成人面皰が消えてすべすべのお肌になったについてだったので私も興味を持ち、WEBから購入して見ることにしたのです。

選んだのは超音波洗顔ブラシの勢い代物のクラリソニックで、丸くてコロンとした様相が明るい妻好みのブラシでした。掌に鎮まる程度のコンパクトなボディの先に専用の丸っこいブラシが付いてあり、ユーザビリティはとても良さそうな代物だ。

初めて洗顔石鹸をたっぷりと泡立てて顔全体をくるむようにして置くのです。その上からオンにした洗顔ブラシで泡の上をなぞるようにして洗顔をすると泡がトルネードのように毛孔の奥まで水流を送り込んで毛孔の裏に溜まっていらっしゃる余分な皮脂取り分や、不浄やファンデの取り残しなどを綺麗に洗い上げてくれるのです。

クラリソニックで単に2分間洗顔をするだけなのに、洗顔後のお肌はツルッツルになり、なめらかな手触りで驚きます。丸ごと綺麗になった毛孔に対して保湿ビューティー液を叩き込むようにするというお肌はもちもちになり湿気で満たされます。

クラリソニックでの洗顔は一年中だとお肌に負担がかかってしまうのでゼロ週に2回ぐらいとしています。毛孔が完璧に綺麗になるので、結構ひどかった成人面皰も一月ちょっとで総締めが激減して目立たなくなりました。ミオナール

保湿ビューティー液を叩き込むようにする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です