胃に気掛かりのかからない食事を続けている

我々は今期40になったのですが、今期に入ってあっという間に、まったく生まれを迎える前でしたが、乳房のむかつきを憶えました。

今までも食べすぎたりすると乳房やけものの変調があったので、今回もそんな感じだろうと思っていたのですが、数日経ってもあっさりしません。食欲はあるのですが、飲みこむときの違和感もあり、市販の胃腸薬を飲んでもその時は良くても、思う存分貫く変調は改善されませんでした。

3もと頃ほど続いたので、消火入れ物内科を受診し、胃カメラで診断もしました。逆流性食道炎といった医療され、薬を呑み続けたのですが、すっぱりすることはあまりありません。

なんだかんだ調べてみたところ、病院も言われたのですが、食事が大事だと判り、今までは大好きなコーヒーを飲まない、食後3時間は横にならない、規模しか気を付けていなかったのですが、しばし食べるものを気を付けて見るようにしました。

緑茶も贔屓だったのですが、基本的に皆水ものは水に変えました。ノンカフェインの水ものが良いので、ルイボスティーも取り入れてみました。

油の濃いものが好きな我々でしたが揚げ物などは控えるようにして最も金字塔最初に取るものはすっきりした物質、とにかく揚げ物が食べたい場合は、最後に食するようにしました。我々は甘いものもすきなので、甘いものも揚げ物と同じような摂取方法に変えました。

続けると自然と野菜中心の生活になりました。消化の悪そうなものは、煮詰めて食べていました。そういった生活をしてみると、私の食事はかなり過食だったのだろうと自覚できました。たまたま大きな疾病もなく、胃など相当タフだと思っていましたが、ただれていて、胃も疲れていたんだと思いました。

今も依然薬は服薬を続けていますが、一年中の服薬数は減りました。
ゆっくり治して出向くものだと今は見えるようになり、胃に気掛かりのかからない食事を続けている。今回のことは自分のライフスタイルや食事を見直せる良い機会になったとしている。http://xn--pckxbp6bzg.xyz/

胃に気掛かりのかからない食事を続けている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です